横浜市が木製ストロー開発 海洋プラごみ削減へ

▼記事によると…

・深刻化する海洋プラスチックごみ(海洋プラごみ)問題への対策が急がれるなか、海洋汚染の一因となっているプラスチック製ストローの削減に向けた動きが神奈川県内でも広がっている。

横浜市は民間企業と協力して、間伐材を活用した木製ストローを開発し、普及を進める事業を考案した。

世界各国が取り組む国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を追い風にしながら、市民の環境保護意識の醸成や間伐材の活用、障害者の雇用創出などにつなげたい考えだ。

2019.12.5 19:52
https://www.sankei.com/life/news/191205/lif1912050039-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

間伐材


間伐材とは、森林の成長過程で密集化する立木を間引く間伐の過程で発生する木材のことである。
間伐材 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

それ割り箸と何が違うんや。

海洋汚染しているのは中朝韓でしょ!まずそこ!

割りばしの事が出ていますがまた森林破壊だとか言われて国内業者撤退して中国から輸入の流れになりそうですね。

日本はプラスチックゴミのリサイクル率が高いのに、なぜプラスチック製品を規制しようとするんだろう。

ストローを作るのに木を切ったらそれもまた環境破壊

間伐材を活用したらいいね

もう、普通にストローなしで飲んだらええんちゃうの?😅

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認