年収850万円超、1月から所得増税…フリーや自営の大半は減税に

▼記事によると…

・2020年1月から所得税が見直される。年収が850万円を超える会社員や公務員などが増税となり、フリーランスや自営業者の大半が減税になる。収入が多い年金受給者も増税になる。

・見直しでは、すべての人に一律に適用する「基礎控除」を38万円から48万円に増やす。所得が2400万円までの人が対象で、それを超える所得があると段階的に減少し、2500万円を超えるとゼロになる。

一方、会社員の経費とみなす「給与所得控除」は10万円減る。現在は収入に応じて65万~220万円が控除され、控除額の上限は年収1000万円超で220万円だったが、年収850万円超で195万円に引き下げる。

この結果、年収が850万円超では増税になる。年収900万円は年1・5万円程度、1000万円は年4・5万円程度、1500万円で年6・5万円程度の負担増になりそうだ。

・22歳以下の子どもがいる世帯や特別障害者控除の対象者がいる介護世帯などは、最大15万円の「所得金額調整控除」の対象となるため、増税にはならない。増税になるのは、給与所得者の約4%(約230万人)とみられる。

・一方、フリーランスや自営業者は、基礎控除の引き上げにより、所得が2400万円以下の場合、減税になる。正社員と同じ仕事をする人もいるため、働き方の違いによる税負担の差を減らす。

・所得が高い高齢者も税負担が増える。年金以外の所得が年1000万円超や年金収入が1000万円超の場合、原則65歳以上の人が対象となる公的年金等控除が減る。年金受給者の0・5%(約20万人)が増税になる見通し

12/29(日) 8:54配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191229-00050053-yom-bus_all

所得税


所得税(しょとくぜい)とは、担税力の源泉を、所得、消費及び資産と区分した場合に、個人の所得に対して課される税金のこと。所得税は広義の所得税と、狭義の所得税に分類できる。
所得税 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

850ボーダーは低すぎじゃ…言うほど裕福じゃないと思いますよ

フリーランスにとっては、いい流れだゴン。これからは個人の時代だゴン!

地方公務員と地方議員を削減して経費を抑えてくれ。

頼むからやめてくれ(関係ない)

850万あっても私立入れたらキツいんだよ。子供の数で減税してくれ。

政治家増税すりゃよくね?

全く関係ない世帯やけどいつの間に決めたん?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事