新国立競技場の地中から187人分の人骨発見、江戸時代に埋葬か

▼記事によると…

・今月末に完成予定の新国立競技場で、準備段階の工事の際に187人分の人の骨が見つかっていたことが分かった。

・見つかったのは幼児から高齢者までの男女の骨187体です。2013年から2015年にかけて、新国立競技場の本格整備に向けた準備工事の段階で地中から発見されました。この場所には以前、寺の墓地があり、江戸時代に埋葬された人の骨とみられている。

2019年11月8日 12時14分
https://news.livedoor.com/article/detail/17350920/

新国立競技場


新国立競技場またはオリンピックスタジアムは、国立霞ヶ丘陸上競技場の全面建替工事によって建設される予定の競技場。東京都の新宿区と渋谷区にまたがり、明治神宮外苑に隣接する。2016年12月に着工し、2019年12月に竣工予定。本競技場は文部科学省所管の独立行政法人、日本スポーツ振興センター(JSC)が運営主体で、施設所有権も持つ。2020年に開催される2020年東京オリンピック・パラリンピックのメイン会場となる予定である。
新国立競技場 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

かつて墓地だったのか…

お祓いをしないと競技中の事故が多発することに😱

えー今からでも 取り壊して埋葬して奉ってやれよ

これに乗じて反対派出てきそう

それだったらどこかの場所適当に掘ったら普通に人骨出てくるんちゃうん

じゃあ旧国立競技場の時は埋まってた上でやってたんか

手厚く供養して差し上げたいですね………

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認