韓国青瓦台報道官「日本の変化なしにGSOMIAの終了撤回はない」

▼記事によると…

・青瓦台(チョンワデ、大統領府)が23日0時、公式終了を控えている韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)に関連して「日本の立場変化がなければ終了決定を撤回することはない」という立場を明らかにした。

高ミン廷(コ・ミンジョン)報道官は15日午前、MBC(文化放送)ラジオ番組『キム・ジョンベの視線集中』に出演して「(日本の)輸出規制問題の立場などで変化がない中、私たちがやむを得ずGSOMIAの終了を覆せば当時(8月)の決定が慎重でなかったということを意味する」としてこのように話した。

高報道官はGSOMIAの終了決定当時の状況を振り返れば「GSOMIAの終了決定をする時、非常に難しい決定だった。終了決定の理由は日本の輸出規制問題のためだった」として「日本は安保上の理由で韓国を信頼できないとして輸出規制を始めたため、韓国もやむを得ずGSOMIAの終了を決めた」と説明。

2019.11.15 11:05
https://japanese.joins.com/JArticle/259627

GSOMIA


軍事情報に関する包括的保全協定とは、同盟など親しい関係にある2国あるいは複数国間で秘密軍事情報を提供し合う際、第三国への漏洩を防ぐために結ぶ協定。2019年8月現在、日本はアメリカ合衆国やNATOなど7カ国と、アメリカ合衆国は60カ国以
軍事情報包括保護協定 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

米国は日本のように甘く無い

米国の圧力にも負けず韓国はGSOMIA破棄を撤回せずこのままいくと思われる。

約束は守らないし何かといえば日本を敵視する韓国を信頼できるわけがないでしょう

GSOMIA破棄は、ご自由になさって下さいまっせ❗

もう何回同じこと言えば気が済むのか。勝手にGSOMIA終了破棄させりゃいい。別にそれで日本の方針が変わるわけではない

GSOMIAのことは韓国が決めたらよい。

国というものは、このようにして崩壊するものなのかもしれない。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事