上級国民・飯塚幸三容疑者、本誌直撃に「体調はよくないです」

▼記事によると…

・「負傷者が多かったため、被害者の調書作成に時間がかかっているようです。遅くとも年内には、書類送検されるはずです」(司法担当記者)

4月19日、東池袋で母子2人が死亡、10人が負傷する暴走事故が発生した。車を運転していた飯塚幸三容疑者(88)は、事故後に入院。5月18日に退院したが、逮捕されていない。

飯塚容疑者は「工業技術院」の院長を務め、2015年には瑞宝重光章も受章した、華麗な経歴の持ち主。「警察の忖度ではないか」「特別扱いされている」という批判がネットを中心に巻き起こり、令和早々、“上級国民” 非難の嵐が吹き荒れた。

10月1日の朝、妻に付き添われて、自宅マンションから出てきたところを直撃した。

――飯塚さん、ご遺族、被害者の方々に伝えたいことは?

「本当に申し訳ないということだけです。(体調は)よくないです。ご覧のとおり……」

2019.10.17
https://smart-flash.jp/sociopolitics/83200

飯塚幸三 プロフィール


飯塚 幸三は計量学を専門とする日本の研究者、通商産業省技官。東京大学工学博士。硬さ測定や形状誤差の研究に実績があり、計測の国際標準化活動にも貢献した。計量研究所所長、工業技術院長、クボタ取締役を歴任。15年間委員を務めた国際度量衡委員会では日本人初の副委員長にも就任し、世界計量記念日を提案した。
生年月日: 1931年6月1日 (年齢 88歳)
飯塚幸三 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

態度はもっとよくないです

記者の感情が強すぎる

この人、現状は自由に行動出来るのに被害者の人に謝罪していないらしいね。

刑務所で療養すればいいじゃない

素直にやってしまった事を認めて早々に被害者遺族へ謝罪しておけば事を荒立てずに収まったのにな。自分の保身ばかりで胸くそ悪い事件だよ

誹謗中傷を受けて体調も悪くなるわ

妻と子供を殺された夫、大怪我をされた方の体調の方が心配です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事