菅直人元首相 福島原発事故「日本は壊滅の瀬戸際だった」「原発にトドメを刺す時」

▼記事によると…

・菅直人元首相が4日、ツイッターに新規投稿。同日に第200臨時国会が招集されたことを報告し、「福島原発事故から8年半、この国会を原発断念国会にしなくてはなりません」と記した。

「福島原発事故で日本は壊滅の瀬戸際であったことを忘れてはなりません」とつづった。

2019.10.04
https://www.daily.co.jp/gossip/2019/10/04/0012759850.shtml

▼関連ツイート

菅直人 プロフィール


菅直人は、日本の政治家、弁理士。立憲民主党所属の衆議院議員、国のかたち研究会設立者・会長、立憲民主党最高顧問。 厚生大臣、副総理、財務大臣、内閣府特命担当大臣、内閣総理大臣、旧民主党代表、民主党代表、民主党政策調査会長、民主党幹事長、民主党代表代行などを歴任した。
生年月日: 1946年10月10日 (年齢 72歳)
菅直人 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

原発事故の対応邪魔して原発爆発させたのは誰かお忘れですか?

壊滅の瀬戸際であるお前が言う事ではない。

トドメを刺されんのはお前の妄想だよ。

ネタだよな。ブロックするなよ。政治家なんだから国民の声を聞けよ。もう一回聞くぞ。ネ タ だ よ な

おま言う

また原発にとどめをさすの?

文章書いてて空しくなりませんか?菅直人さんが原発事故の現場に行って指揮系統を混乱させたことで招いた事故じゃなかったんですかね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事