預金口座に手数料検討の動き マイナス金利で収益悪化も背景に

▼記事によると…

・金融業界で、最近、預金口座の維持のため手数料をとることを検討する動きが出ています。

日銀のマイナス金利政策で金利が低くなり収益が悪化していることも背景にありますが、利用者の負担が増えるだけに今後、議論となりそうです。

預金口座の利用者から手数料を取ることについては「預金口座はキャッシュレス決済などにも利用され、維持管理のコストが高まっている」と述べ、コストの増加が経営課題になっているという認識を示しました。

2019年9月20日 5時22分
http://jin115.com/archives/52270261.html

預金


預金とは、金融機関に金銭を消費寄託すること、または、寄託された金銭のこと。
預金 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

なんか、あれだよな。結局は、異次元の金融緩和、アベノミクスの第一の矢は、庶民に刺さる事になりました。チャンチャンってか。

口座集約と安価なネットバンクへの移行。大丈夫?

引き出す際の手数料に加えて、預金口座自体の手数料にについて差別化して、全て無料の銀行(例えばネット銀行)を選ぶなどの選択が求められそうだね。

預金維持に手数料が掛かったら自宅に現金を置く箪笥預金が増えるだけだろうが 子供でも解る事を解らない金融業界のトップって役人と同じだよ・・・

じゃあもう銀行に預けないとこう。でも💯億円もの大金、部屋のどこに置こうかしら?

タンス貯金増加→泥が増える。防犯対策を考えよう

口座を解約してタンス預金にしたら銀行は倒産だな!為替などの運用や企業への貸付する金がないと商売にならないからねぇ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認