香山リカ氏 亡き父が徴用工の虐待現場を目撃…「到底許すことはできないだろう」

▼記事によると…

・精神科医の香山リカ氏が6日にツイッターに投稿。北海道・釧路で育った父親が徴用工が虐待されているところを目撃し、「許すことはできないだろう」と徴用工の胸中に思いをはせていたことをツイートした。

・香山氏は「釧路で育った私の亡き父もです」とし、「子どもながら、徴用工が虐待されるところを見て『なぜあんな目にあわされてるのか』とショックだったと。晩年までずっと『あの人たちが怒るのは無理もない。到底許すことなんてできないだろう』と言ってました」とツイートした。

9/8(日) 22:15配信
香山リカ氏 亡き父が徴用工の虐待現場を目撃…「到底許すことはできないだろう」

▼香山リカ氏のツイート

↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓

香山リカ プロフィール


香山リカは、日本の精神科医、臨床心理士、評論家、リベラル活動家、ピースボート水先案内人。立教大学現代心理学部映像身体学科教授。 「香山リカ」はペンネーム。本名非公開としている。黒縁眼鏡がトレード・マーク。ミュージシャンの中塚圭骸は実弟である。
生年月日: 1960年7月1日 (年齢 58歳)
香山リカ_(精神科医) - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

でた。後出し。そんな、エピソードがあったら嬉々としてとっくに公開してたでしょうが。某国はいつも都合の良いところで新資料といわれるわけのわからない資料を出してくるけどさぁ

たぶんこの人は、戦時下の刑務作業者と捕虜の区別もついていないと思う。ましてや、当時に”徴用工”という造語は存在してないし。

「亡き父が徴用工」の方が説得力あるよ

何故このタイミング?親父さんが話しをしてくれたのはいつ?もっと早くに話しをしていたら、変わっていただろうに。

後出しもどうかと思うけど、亡き父とかいう時点でさらにあなたとう時点で何ら信憑性もなく説得力もない。

仮にも精神科医なのに脳内妄想で話を盛らないで欲しい。ルーツは日本人じゃないんでしょ?

まさに「死人に口なし」自らの主張を強調するためには手段を選ばないんですね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認