一色正春氏のツイート

韓国がGSOMIAを破棄したのは日本が戦争責任に向き合ってこなかったという人が少なくないが、いったい戦争責任とは何か、戦争を始めた責任なのか、それとも負けた責任なのか、敗戦責任であれば既に極東軍事裁判という私刑で命を持って償っているではないか。

そもそも韓国とは戦争してない

一色正春 プロフィール


一色正春は、日本の内部告発者、元海上保安官。尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件において、「sengoku38」名で映像を動画共有サービス・YouTubeへ最初に投稿した。国立富山商船高等専門学校卒業、放送大学教養学部卒業、学士。妻は韓国籍の韓国人であると報道されている。
生年月日: 1967年1月3日 (年齢 52歳)
一色正春 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

戦争してない、、、と言うか、当時は日本だった、、、

そうなんですよね。そもそも韓国とは戦争してない。なのに、戦争責任がとか言う人がいますね。

少なくとも、生まれて60年、韓国人に恨まれることを1度もしていない。日本で生まれたことが罪というなら、それは完全なるヘイトスピーチだ。

戦争を始めた責任&敗戦責任を裁くこと自体、国際法違反であることも忘れて欲しくないですね。

ベトナムでの『戦争責任』は無かった事にしようとしてるのにな。

むしろ韓国にも日本人として敗戦責任があったから戦犯として裁かれた。

そうですね、互いに未来志向で行きたいなぁ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認