IOC、選手に東京の暑さ警告「90度のサウナも有効」
<朝日新聞デジタル> 2019年8月20日15時32分(有料記事)
全文はこちら

▼ 記事によると…

・猛烈な暑さだった今夏。東京五輪に向けたテスト大会でも酷暑が問題になるなか、国際オリンピック委員会(IOC)もホームページで選手向けの予防指南書「BEAT THE HEAT(暑さに打ち勝て)」を公表し、入念な準備を呼びかけている。

・そのうえで、少なくとも2週間は東京と似た高温多湿な環境で練習すること▽水分補給プランを立て大会前から実施すること▽ウォーミングアップは冷却剤を入れたベストを利用すること▽競技中はサングラスや日焼け止めを利用することなど、10項目の具体策を示している。

特に高温多湿な環境への順応については、40~42度の入浴や70~90度のサウナの利用なども有効法として紹介。

国際オリンピック委員会


国際オリンピック委員会は、近代オリンピックを主催する団体であり、またオリンピックに参加する各種国際スポーツ統括団体を統括する組織である。本部はスイス・ローザンヌのオリンピックハウス。
国際オリンピック委員会 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

えっと1964年の話じゃなくて?今!?2019年の今!?

精神論でスポーツやる時代は終わってるんだよなぁ

何か事故が起きなきゃ良いけどな…。この暑さでプロの選手がパフォーマンスを発揮できるとは思わないし、どう考えても無謀としか感じねーわ。

IOCはクーラーの効いた部屋で根性論を上げるだけで、ボランティアが熱中症になろうが熱射病になろうが気にしなくても良い簡単なお仕事です。

屋外競技の選手は棄権した方が体の為じゃないかね

これは暗に馬○にされているのか、それとも開催国を日本にしたことの責任を感じ始めたのかどっちだ

客参加型大規模ガマン大会とは流石日本。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事