【社説】節制した光復節対日メッセージ…安倍政権が応える番だ
<中央日報> 2019年08月16日07時47分
全文はこちら

▼ 記事によると…

・文在寅(ムン・ジェイン)大統領が8・15演説で「日本が対話と協力の道に出てくるなら、我々は喜んで手を握る」と述べた。文大統領は日本の経済報復を意識したかのように「誰も揺るがすことのできない国」をつくるという意志を強調したが、刺激的な批判を避けるなど節制した対日メッセージを送った。

・今はもう日本の安倍政権が柔軟な姿勢で応え、ようやく生じた対話のモメンタムを生かすことを促す。こうした点で5月に即位した徳仁天皇が初めて迎えた8・15で「過去を顧み、深い反省の上に立って、再び戦争の惨禍が繰り返されぬことを切に願う」と述べた点は注目される。

・北朝鮮が韓国を狙ってミサイル挑発を続けているが、これに対する警告が演説になかったのは遺憾だ。

「誰も揺さぶることのできない国」はわが国民の誰もが望んでいることだ。その夢をかなえるためには、冷静な現実認識と緻密な戦略の樹立が前提にならなければいけない。文大統領が提示した日本を越える克日のためにも、韓半島の平和と繁栄のためにもそうだ。

文在寅 プロフィール


文在寅は、韓国の政治家、弁護士、市民活動家。第19代大統領。 北朝鮮からの避難民の息子として生まれる。弁護士として市民運動や人権運動に参加したのち、盧武鉉政権で大統領側近として活躍した。その後、国会議員に当選、新政治民主連合代表や共に民主党代表を務めた。
生年月日:1953年1月24日 (年齢 66歳)
文在寅 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント
  • また謎の上から目線
  • ほんとずれてるよな、譲歩してやってる気分でいるんだろうか
  • 理不尽な言いがかりを引っ込めただけであって、こちらが譲歩する理由はない
  • 柔軟ですよ?そちらが国際約束を守りさえすれば。
  • 想定通りの報道…激昂が少し静かになっただけ、何も解決に向けて行動していない。日本が動く必要なし。
  • 別に日本は盗人猛々しいと言った強硬な姿勢のままで良いですよ
  • そうではなく国と国の約束を守れと言っている。
  • 不買している時点で説得力なし

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事