取り調べ中「認めたら終わる話」=誤認逮捕の女子大生が手記-愛媛

▼記事によると…

・愛媛県警が7月、20代の女子大学生を誤認逮捕した問題で、女性の代理人弁護士が1日、松山市で記者会見し、女性の手記を公表した。

取り調べの際、捜査員が就職活動への影響を示唆し、「君が認めたら終わる話」などと自白を迫ったとしている。

手記によると、女性は一貫して容疑を否認。「本当の犯人を捕まえてください」と訴えても、捜査員は「犯人なら目の前にいるけど」と女性を容疑者と決め付けていたという。

さらに、「就職も決まってるなら大ごとにしたくないよね」「認めないと終わらないよ」などと自白を強要されたと主張。県警に対し、「どのような指導を行い再発防止に努めるのか具体的に公表してほしい」と訴えた。

松山東署は1月9日にタクシー内から現金約5万4000円などを盗んだ疑いで7月8日に女性を逮捕。勾留請求が認められず、女性は同10日に釈放された。その後の再捜査で、別の若い女性が容疑者として浮上し、誤認逮捕が判明した。

2019年8月1日 19時56分
https://news.livedoor.com/article/detail/16864172/

事情聴取


事情聴取とは、ある事件・出来事について、人から事情や状況を聞き取ること。取り調べとも。 捜査機関は、任意に出頭を求め、または逮捕・勾留された被疑者を取り調べることができる。条文では「取り調べ」という用語を使っており、「事情聴取」という言葉は用いていない。
事情聴取 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

取調室という密室では、警察・検察に有利なことしか調書に記載しないのだから本当にフェアじゃない。取調べ時に「録音か録画をして欲しい」とお願いしたら「そんな科学力は警察にはない」と言われ、驚いた記憶がある。勿論、この応答も調書には記載されなかったけどね。

ひどい話です

もはや日本の警察に権力を持たせておくのは考え直した方がいいんじゃないの?公正な捜査なんか全く期待できない

自白の強要による冤罪を防ぐため、全ての取り調べを録音・録画すべきだろう。

県警ゴミじゃん。

まだ,こんな時代遅れの捜査能力しかないのか。これが事実なら強要罪。

警察は、一体、誰の味方なのだろうか(´・ω・`)

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認