「日本人のための芸術祭」催しを続行 反差別団体は抗議

▼記事によると…

・「反移民」などを掲げる政治団体が27日、愛知県施設の「ウィルあいち」(名古屋市東区)で開いた催しに、ヘイトスピーチ(差別扇動表現)に反対してきた市民団体などが激しく抗議し、施設に中止を申し入れた。だが、施設の管理者は「中止を判断できない」として催しを続行。

・催しは「日本人のための芸術祭 あいちトリカエナハーレ2019『表現の自由展』」として、各地で差別街宣を繰り返してきた「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の元会長が「党首」を務める政治団体が開いた。県は施設の使用を許可。

・催しを見た人によると、展示作品には「犯罪はいつも朝鮮人」と書かれたカルタの読み札など在日コリアンへの憎悪をあおる内容のものがあり、指摘を受けたウィルあいちも、カルタを含む展示内容を確認。

2019年10月27日22時56分
https://www.asahi.com/articles/ASMBW6DGQMBWOIPE017.html

ウィルあいち


愛知県女性総合センターは、愛知県名古屋市東区にある公共施設。
所在地: 〒461-0016 愛知県名古屋市東区上竪杉町1
愛知県女性総合センター - Wikipedia

▼あいちトリカエナハーレの感想ツイート

twitterの反応

▼ネット上のコメント

個人的にはどっちもダメだと思います

今までは好き放題やられていたが反撃できるようになって日本は自立し始めた。

この催しを許可した事で知事に言い逃れの隙を与えることになりましたね。

しかもこっちは公金入ってないからなぁー😅

これが中止にならないならもう本当に先進国とはいえない

自分達で金出してるなら自由なのでは。

行きすぎた自由は結局誰かを傷付ける

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認