望月衣塑子さんのツイート

伊藤詩織さんの性的暴行疑惑の民事裁判を傍聴。

昨日午前は山口氏側の弁護士が、詩織さんに事件時の状況を医師や友人、刑事にどう伝えたか何度も繰り返し聞き、詩織さんが耐えられず何度も泣いていた。

弁護士の抗議がでて収まったが、胸が痛かった。

フラッシュバックを起こさせる聞き方はやめるべきだ

伊藤詩織 プロフィール


伊藤 詩織は日本のフリージャーナリスト、映像作家。
生年月日:1989年 (年齢 30歳)
伊藤詩織 - Wikipedia

望月衣塑子 プロフィール


望月衣塑子は、中日新聞社の社員。2018年10月現在、東京本社社会部記者。
生年月日: 1975年 (年齢 44歳)
望月衣塑子 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

ひどい。。どうして被害者がそんなに泣くほどの聞き方をされなくちゃいけないんだ?

また日本の悪しき風潮「被害者に圧力をかける質問」ですか。これも山口敬之陣営の作戦ですね。元々伊藤詩織さんは抵抗しようがない状況で性的暴行を受け、過去2度も不起訴というのが不可解。今回こそ正しい決着を望むものの、詩織さんに対して最大限の配慮が必要。

彼女の心に想いを馳せると本当に言葉にならない。ただただ頑張ってほしい。私は彼女を信じているし、こんな風に人間を傷つける山口さんを憎いと思う。

伊藤詩織さんのお芝居かもしれないのに?相変わらずやな、イソコ

ネェネェ。菅野完や広河隆一についても同じスタンスで追及してみたら?

「医師や友人、刑事にどう伝えたか」を聞いたら「フラッシュバック」で゚泣いたんですか?(´・д・)?

えーと裁判ってそういう所なのではなかったっけ?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事