生活保護費570万円不正受給で起訴

▼記事によると…

・収入があることを隠して生活保護費を不正受給したとして大阪府藤井寺市は、市内の60代の男を詐欺罪で大阪府警羽曳野署に刑事告訴、大阪地検堺支部が同罪で起訴したと発表した。不正受給額は約570万円としている。

・市の調査に対し、男は不正受給分について、「大半をパチンコに使った」などと話したという。

2019.7.4 07:03
https://www.sankei.com/affairs/news/190704/afr1907040004-n1.html

生活保護


さまざまな事情から生活に困窮した時に,生活を援助する仕組みとして生活保護制度があります。この制度は,生活にお困りの人に対し,その困っている状況や程度に応じて,健康で文化的な生活ができるよう,また,一日でも早く自分自身の力で生活できるよう,お手伝いすることを目的としています。生活保護を受けることは国民の権利ですから,生活に困っているときは,資産を生活の維持に活用し,能力に応じて働くよう努力し,受けられる範囲内で民法上の扶養を受けることなどを前提に,誰でもがうけることができます。
生活保護のあらまし - 福岡市

twitterの反応

▼ネット上のコメント

返還義務を負わせるべき。

こういう連中は、保護費返還するまで何があろうと支給すべきではない。

こんなヤツらがいるから、本当に必要な所に金が回らへんのやって…役所も、もっとぎんみしてよ

名前伏せる必要無し案件

生活保護、辞めるべきだと思う。知り合いに貰ってんのが多いから、余計にそう思う。

ますます、生活保護の審査が厳しくなるな。

こんな輩がたくさんいるのが現実

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認