アントニオ猪木議員が政界を引退する考えを表明 体調不良などが理由

▼記事によると…

・アントニオ猪木議員が体調不良などを理由に来月の参議院選挙には出馬せず、政界を引退する考えを表明しました。

国民民主党・アントニオ猪木議員:「元気ですか!長いような短いような、ちょうど体調を壊したもんですから。元気を売れなくなっちゃったけど、国会がこのままで、次の皆さんが本当に改革っていうのを言葉だけじゃなく、実行してもらいたいと思います。選挙もそうですけど、そういう意味での意表を突くとか、そういうことが一つの長い歴史で、人生のなかで、そのなかで今回の野党連合がそういう知恵がないというか。本当に政権を取ってやろうという何か仕掛けていくとか、そういうプロデューサー的な役割がいなかった」

2019年6月26日 15時0分
https://news.livedoor.com/article/detail/16680354/

アントニオ猪木 プロフィール


アントニオ猪木は、日本の元プロレスラー、実業家、政治家。参議院院内会派「国民民主党・新緑風会」所属の参議院議員。本名:猪木 寛至。神奈川県横浜市鶴見区出身。血液型AB型。新日本プロレス設立後のキャッチフレーズは「燃える闘魂」。日本プロレス所属時代のキャッチフレーズは「若獅子」。愛称は「アントン」。
生年月日: 1943年2月20日 (年齢 76歳)
アントニオ猪木 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

賢明な決断です。

こないだ元気ですかって叫んだのを諌められたのがそんなに響いたか…

猪木がんばれ、猪木がんばれ、猪木がんばれ。まだまだだぁ〜長生きしてるだけでも価値ある猪木さんですよ。

仕方ないと思うな…。無理しないでください。

引退理由、年齢と言わずに元気を売れなくなっちゃったからって元気の押し売りおじさん怖い

『元気がないから なんもできない』

長い間お疲れ様でした。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事