【沖縄】男子小中学生が発見した“不発弾”を投げて遊ぶ → 保護者が通報し自衛隊が回収

あわや大惨事 沖縄で小中生が不発弾投げて遊ぶ 保護者が通報、自衛隊が回収

▼記事によると…

・沖縄県宜野湾市内で5月30日、男子小中学生ら複数人が発見した不発弾(手榴弾(しゅりゅうだん))を投げたり、自転車かごに入れて走り回ったりして遊んでいたことが5日、分かった。

自宅に持ち帰った児童らの保護者が宜野湾署に通報して自衛隊が回収した。学生らにけがはなかった。

「あわや大惨事」として、学校などが不発弾を発見しても触れないよう注意喚起している。

2019年6月6日 09:46
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-931396.html

不発弾


不発弾は、起爆に関する機構に何等かの不具合があって爆発せずにある砲弾、ロケット弾、誘導弾などの弾薬類の総称である。 発射薬に関する異常で発射されなかった弾薬類も、一般には不発弾と呼ばれるが、専門的には不発射弾と呼ばれる。不発射弾については後述。
不発弾 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

イタズラのオモチャにしてはいけないと厳しく教えるべき

怖い物知らずとはよくいったもんですね。とはいえ爆発した事を想像すると恐ろしい。

昔はこういう事故よくあったらしいな。実家の近くでも面白半分に不発弾持ち帰った人が死んでる

恐ろしい😱💦何もなくて本当に良かった🌻

こういうことが70年も経った今でも起こるから戦争はアカンねん。

ウケるけどウケないな。

戦後まもない頃の話かと思ったら……。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認