鳩山由紀夫氏のツイート

福島県の子どもたちは他県の子どもたちと比較して、圧倒的に甲状腺がんの発生確率が高い。

明らかに原発事故による放射線被ばくによるものである。

にもかかわらず、線量が高いとがんが増えるとは限らないと、福島県は原発事故とがんの関連性を否定する中間報告をまとめたという。

科学者の忖度極まれり。

鳩山由紀夫 プロフィール


鳩山 由紀夫は、日本の政治家、経営工学者。一般財団法人東アジア共同体研究所理事長、中国・西安交通大学名誉教授、アジアインフラ投資銀行国際諮問委員会委員、凱富能源集団名誉会長兼上席顧問。学位はPh.D.。
生年月日:1947年2月11日 (年齢 72歳)
鳩山由紀夫 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

まず貴方が自説の根拠データを提示してください。でなければ貴方の願望であり妄想です

あの時民主党政権でなければ…つくづくそう思います。

エビデンスを示して下さい。そして、それを検証して下さい。一定の割合でがんは発生します。福島県が全児童を対象に検査を実施していれば、他県に比べ母集団が大きい分、個体数も増えます。それを発生確率とすり替えてはいませんか? 元元首なのですから、ナイーブな事案の発言は慎重にして下さい。

福島県以外で、同じような甲状腺がんの調査なんかやってないでしょ?対照区のない調査結果だけを見て「増えた/減った」なんて判断できないのは理系の基礎でしょうに。いやはや情けない。┐(´~`;)┌

科学者とは、事実を追及し解明する学者のことだ。忖度で事実をゆがめた時点で、その者を科学者とは呼ばない。

当時の政権はどこでしたか?枝野氏が防護服で登場したり、誰か忘れましたがおんぶしてもらってたり。遠い昔のようですがまだ8年しか経ってないんですね。

エビデンスも出さずに、こうしたツイートをすることは「デマ」であり、風評被害を拡散したいだけの行為です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事