元院長の運転免許取り消しへ 池袋暴走12人死傷

▼記事によると…

・ 先月19日、豊島区東池袋で旧通産省・工業技術院の飯塚幸三元院長が運転する車が暴走し、3歳の女の子と母親が死亡、10人が重軽傷を負いました。

捜査関係者によりますと、今月31日午前9時半から警視庁では違反内容に間違いがないか確認する聴聞会が開かれましたが、飯塚元院長は足が悪いとして欠席しました。

現在、東京都の公安委員会が開かれていて、午後にも飯塚元院長の運転免許証の取り消し処分を下す見通しです。

[2019/05/31 11:55]
http://hamusoku.com/archives/10052672.html

飯塚幸三 プロフィール


飯塚幸三は計量学を専門とする日本の研究者、通商産業省技官。東京大学工学博士。硬さ測定や形状誤差の研究に実績があり、計測の国際標準化活動にも貢献した。 計量研究所所長、工業技術院長、クボタ取締役を歴任。15年間委員を務めた国際度量衡委員会では日本人初の副委員長にも就任し、世界計量記念日を提案した。
生年月日: 1931年 (年齢 88歳)
飯塚幸三 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

色々といいたいことあるけど逮捕してくれよ・・・

そういう時こそのタクシーだろう?

処分が甘すぎる。上級国民への忖度と言われても仕方ない

取り消しで幕引きを図ることは許されない☹️

その足でブレーキアクセル操作しとったんちゃうんかい!

マスゴミがまだ元院長呼びで笑う

世は不平等、命も不平等

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事