【環境汚染対策】中国が廃プラスチックの輸入禁止 → 輸出大国の日米はごみ削減迫られる…

廃プラスチック 中国が輸入禁止 日米はごみ削減急務

▼記事によると…

・中国が環境汚染対策としてプラスチックごみの受け入れを禁止したことで、廃プラスチックの輸出大国であるアメリカと日本から中国に輸出した量は去年、ともに約90%減少しました。

・東南アジアの国々も輸入規制を相次いで強化しているほか、国際条約によって、再来年以降、汚れたプラスチックごみを輸出する際には相手国の事前の同意が義務づけられることが決まりました。

日米両国では、輸出量全体が減ったことで国内で抱えるプラスチックごみの量が増え、対応に苦慮する地域が相次いでいて、ごみ自体の量を減らすなど抜本的な対策が迫られることになりそうです。

2019年5月13日 4時19分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190513/k10011913761000.html

廃プラスチックとは


廃プラスチックとは、使用後廃棄されたプラスチック製品とその製造過程で出たプラスチックのかす、廃タイヤを含むプラスチックを主成分とする廃棄物のことです。廃プラスチックは一般系廃プラスチックと産業系廃プラスチックに分けられます。
廃プラスチックとは - 株式会社サンポリ

twitterの反応

▼ネット上のコメント

あんだけ分別させてリサイクルしてるのかと思ったらほとんど輸出してたんか

日本は近い将来、ゴミが溢れて住めなくなるのかもしれない。

え?ほぼ100%国内でリサイクルされてると思っていた。中国に物作らせて、資源ゴミは押し付けていたのか。

昔みたいにガラス瓶とかのリユース形態にもどせば随分と問題は解決できそうだけど。

リサイクルよりプラスチックに変わる新しい素材開発したほうが早いんじゃない?

リサイクルではなかったのか。

自国のゴミは自国で処理しないと。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします

twitterで速報配信中

アンケート投票 & 結果確認