共産党・志位委員長「女性天皇・女系天皇、当然検討すべき」

「女性天皇・女系天皇検討すべき」共産・志位委員長

▼記事によると…

・共産党・志位委員長:「女性、女系、ともに当然、検討すべきだ」

・志位委員長は、女性宮家の創設や女性天皇を認める制度改正の検討を示した理由として「天皇の地位を定める国民の総意は男女平等であるべきだ」と説明しました。

・共産党はかつて天皇制廃止を掲げていましたが、2004年に党の綱領から「君主制の廃止」という方針を削除し、天皇の条項も含めて憲法を守る立場となっています。

9日に衆議院は本会議で天皇陛下の即位を祝う「賀詞」を議決しましたが、共産党も賛成して全会一致となっています。

2019/05/09 19:13
https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000154128.html

志位和夫 プロフィール


志位 和夫は、日本の政治家。衆議院議員。 1990年から2000年まで日本共産党書記局長、2000年から日本共産党委員長。
生年月日:1954年7月29日 (年齢 64歳)
志位和夫 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

元々が天皇制反対なのに、矛盾した発言で自分の首締めて楽しい?

「野党共闘」を大事にして行き着いた先がこれか。もう原則も何もない、ムチャクチャである。いよいよ「共産党」の看板を下ろすときか。

自己保身に走る。

天皇制廃止を主張しない日本共産党の存在価値ってなんだ、 敵ながら見損なったぞ、、、、、、

あらゆる意味で「無原則」になってきた

共産党が語ると分かりやすい。皇統の破壊が目的で主張してるのね。

知らん内に天皇の存在を認めるようになってたのね

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認