つるの剛士さん「子供に優しくない社会に未来はない。保育園の先生方、いつも他人の子をみてくださって本当にありがとうございます」

つるの剛士さんのツイート

お庭で遊べば近隣から"うるさい"と言われ、
お散歩すれば"危ない"からと自粛…?

チビッコは泣くのが仕事
元気一杯に遊ぶのが仕事
チビッコこそ未来の光。

子供に優しくない社会に未来はない。

保育園の先生方、
いつも他人の子をみてくださって本当にありがとうございます。

つるの 剛士 プロフィール


つるの 剛士は、平成・令和時代の日本のバラエティタレントで、歌手・音楽家、俳優でもある。本名は □野 剛士で、□の部分は「靏」の異体字である「靍」のさらなる異体字で、「鳥」の火部「灬」が省略された「一」になって「鳥」の7画目を貫通しているもの。福岡県出身。 都立大泉北高等学校卒業。所属芸能事務所は太田プロダクション。
生年月日:1975年5月26日 (年齢 43歳)
つるの剛士 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

子供たちの成長を1番近くで見守れるこの職業が大好きだし、誇りを持っています。

保育士です。本当にその通りだと思います。事故のニュースを見て心が痛くなったと同時に毎日もっともっと子供達の事をしっかり考えたいと思いました…

現役保育士です。ほぼ毎日一緒に過ごして、他人の子だなんて思ってませんよ☺️もう家族同然です。だから尚更、今回の事件が本当に悲しくて仕方ありません。引率していた保育士さんも、幼い2人の命を奪われたのは、家族を失ったのと同じ気持ちだと思います。わたしもとても悲しいし、悔しいです。

今のご時世で言われる"うるさい"と昭和で言われていた"うるさい"は違う気がするのはうちだけでしょうか?昔は怒られても温かみがある感じで、、チビッコが周りを気にしながら遊ぶのが可哀想。

つるのくんありがとう…"うるさい"と言う人にだって子供時代があっただろうに…私は小学校の近所に住んでいるので運動会シーズンになると子供達の元気な声にパワーをもらっています。小さな保育園、幼稚園児もご近所にいて、日々癒されています。子供に、優しい国であってほしいと願います。

最後の一文を見てリアルに泣きました。涙が出ました。その一言だけで明日からも頑張れます。目の前の子どもたちを全力で愛して全力で守ります。

このツイート見て涙が出ました!

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認