【外交安保取材】韓国国会議長の妄言に沈黙する日本の国会

▼記事によると…

・日韓関係は、2月に韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長(74)が「慰安婦問題の解決には天皇の謝罪が必要」と発言したことで、出口がまったく見えない最悪な状況に陥った。政府は文議長に謝罪と撤回を求めているが、文議長は開き直る有様だ。

・国会は文議長の発言をうやむやにせず、少なくとも衆院と韓国国会との公式な議会間交流の枠組みである「日韓議会未来対話」の凍結など、何らかの具体的な行動にでるべきだろう。

2019.3.5 01:00
https://www.sankei.com/premium/news/190305/prm1903050007-n1.html

文喜相 プロフィール


文 喜相は、韓国の政治家。2018年7月13日から国会議長を務めている。 1980年代に金大中の下で民主化運動を行う。1988年の国会議員選挙で出身地の京畿道議政府市選挙区に平和民主党から初出馬するが落選。1992年の国会議員選挙に民主党から出馬し初当選。
生年月日:1945年3月3日 (年齢 74歳)
文喜相 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・日本はなぁ〜んにも出来ません。どんな仕打ちをされようが、未来志向ですからね。

・ナンシーペロシーはサンフランの少女像設置にも関わった、安倍さんも以前ペロシーの標的にされてたな、外務省にプロパガンダ対策部署ぐらい作れよ

・冷戦時代から与党は韓国に甘く、野党は北朝鮮に甘い。国家権力同士でべたべた馴れ合ってばかり。一般市民の犠牲など眼中に無いらしい。

・口先だけで、日本には真の政治家はいない。英霊の御魂が草葉の陰で泣いている?

・韓国に対しては具体的な制裁を早く課して頂きたいです。沈黙は何のメッセージにもなりません。

・それにしても下手くそな書だ

・いつになったら韓国人の気質を理解するのでしょうね。スルーするという事は韓国人からすれば日本が非を認めたという事に他ならないのに。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート(ランダム)&結果を見る