木村太郎氏 棚に戻すのは「店員の仕事」スーパーで別棚返却問題に持論

▼記事によると…

・ジャーナリストの木村太郎氏が1日、「直撃LIVE グッディ!」で、スーパーの買い物客が、買うのをやめた品物を元にあった場所に戻さないマナー問題について「(別棚にある物を)整理するのは店員の仕事」と持論を述べた。

・フジテレビでは100人に調査し、買わなくなった品物をどこに戻すかと質問。約8割は「元あった棚に戻す」としたが、一部では「戻すのは店員の仕事」などの理由で元の場所に戻さない人もいた。

・木村氏は「スーパーって人件費を倹約して客にやらせてる。持ってきて、運んで、袋にまで入れる」と、客の労力に頼っているところが大きいと指摘。

安藤優子は、買わなくなったものは「レジに持っていけば」としたが、木村氏は「僕は違う考え方」と切り出した。

・更に「(棚を)整理するのは本来は店員の仕事。だからお客さんがやめたと、どこかに置いておく物を後に整理するのは店員の仕事」と持論を展開した。

・肉、魚などは野菜の棚に置くと菌が付着する恐れがあることや、生食専用の棚に加熱専用食品をいれることで生で食して食中毒を招く危険もあるが「客に責任持ってくれというのは間違いなんで、返したいものを返せる仕組みを作っていかないといけないし、店の責任でやらないといけないと僕は思う」と訴えていた。

3/1(金) 15:35配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00000087-dal-ent

木村太郎 プロフィール


木村 太郎は、日本のフリージャーナリスト、ニュースキャスター。逗子・葉山コミュニティ放送株式会社代表。木村太郎事務所代表。NHK記者、キャスターを経てフジテレビ系『Mr.サンデー』のコメンテーターも務める。
生年月日:1938年2月12日 (年齢 81歳)
木村太郎 - Wikipedia

▼関連ツイート

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・そうかなぁ?ナマモノや冷食を関係ない所に置いて腐らせたり、最悪食中毒を起こしたりしたら事件になるからスーパー側は気の毒。そんなことよりレジ袋でカネ取るなよと言いたい。

・言いたい事は分かるけれど、例えば冷凍食品をその辺に置くのってどうなの?つか、レジでやっぱり要らないとか返すのは有りかもしれないが

・なんかもうズレ過ぎてて言葉が無い。温度帯の異なる棚にいつから置かれていたかわからない商品は、棚に戻すんじゃなくて棄てるんだよ!

・殿様理論だな。店員に掛かるコストを客が一部請け負っているというが、店員に掛かるコストを一部負担する事で多少なりとも安価に買い物が出来てるんじゃないの?

・考えは色々だがこの人は、世の中からズレた考え方だと思う。じゃあアイス持ったけどいらないから惣菜の棚に置きますか?

・それは違うと思う。近くにいる店員に渡すべき。

・こんな感覚がおかしい人がコメンテーターだなんて・・

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認