ソウル市長「日本は慰安婦被害者に謝罪する努力を」

▼記事によると…

・韓国の朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長は28日、旧日本軍の慰安婦被害者の存在を否定する日本政府に対し「被害者の観点で痛みを癒やし、謝罪する努力が必要だ」と指摘した。

日本による植民地支配に抵抗して起きた独立運動「三・一運動」から100周年となるのを記念しソウル都市建築センターで開かれた慰安婦問題に関する展示会を訪れ、報道陣に対し述べた。

2019年2月28日 16時15分
http://news.livedoor.com/article/detail/16089257/

朴元淳 プロフィール


朴 元淳は、大韓民国の弁護士、社会運動家。ソウル特別市長。 1956年3月26日に慶尚南道昌寧郡丈麻面で二男五女の次男として生まれた。丈加小学校、霊山中学校を卒業後、ソウルの京畿高等学校に入学して、1974年に卒業した。
生年月日:1956年3月26日 (年齢 62歳)
朴元淳 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・被害者面するのもいい加減にしたらいい。作られた話しに謝罪の必要は無い

・何度やっても「あの時の政権が間違えた事をした!」とまた蒸し返すんでしょ

・東京、まだソウルと姉妹都市解消しないの?小池知事に投票したひとって、韓国に強い態度を期待したひとが多いと思うんだけど。期待を裏切られた。

・謝罪すべきは歴史を捏造し日本に理不尽なたかり行為を繰り返す韓国側であり、また被害者面で日本にこの様な無礼な主張をする薄識のソウル市長だ。

・既に、韓国の内政問題だし。謝罪も何度もしている。

・とっとと断交すりゃあいいのに。

・韓国は国際条約・国際協定を守る努力を。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認