野党、共闘に不安露呈 審議拒否、あっさり腰砕け―国会審議

▼記事によると…

・立憲民主党など主要野党は29日、「重大な決意」で臨んだはずの審議拒否の方針をあっさり転換した。首相主催「桜を見る会」をめぐり政府・与党に要求した安倍晋三首相の推薦枠に関する説明はほぼゼロ回答。腰砕けの原因は、国民民主党の参院側が各党一致の意向に反する形で審議出席を主張したためで、結束への不安を改めて露呈した。

・あっけない幕引きに、ある立憲議員は「重大な決意がこれでは笑うしかない」と自嘲気味。国民民主執行部の衆院議員は記者団に「もっと取れるものはなかったのか」と安住氏への不満を示した。

2019年11月30日07時40分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019112901123&g=pol

桜を見る会


桜を見る会 は、1952年から例年4月に新宿御苑で開催されている内閣総理大臣主催の公的行事である。
桜を見る会 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

同じ属性ですから何も不思議ではありません。

無責任野党と韓国政府は同じタイプですから。

あちらさんと同じ様な属性でしょうからね。同じ様な行動パターンになりますよね。オールドメディアの重鎮もあの事案に関わっていましたからね。

いろいろと誤魔化す為に…だろ?苦笑っ

ネットの声にようやく耳が痛くなってきたかw

誰がどんな回答をしたのか、そこが重要。開示しないなら(撤回の)理由にならない。言い訳に利用しただけである。

これほどみっともない対応は見たことがないw

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事