元慰安婦訴訟、13日に弁論 日本政府は「主権免除」で欠席へ

▼記事によると…

・韓国人の元慰安婦やその遺族らが日本政府を相手取った訴訟の弁論期日となる13日、ソウル中央地裁で裁判が開かれる。被告とされた日本政府は、外国政府が他国の裁判を受けるのを免除する「主権免除の原則」から、裁判には出席せず、欠席裁判となる見通し。

・訴訟は朴槿恵(パク・クネ)政権下の2016年12月、元慰安婦ら20人が「精神的、肉体的苦痛を受けた」などとし、日本政府に約30億ウォン(約3億円)の損害賠償を求めたもの。

・慰安婦問題をめぐっては、提訴1年前の15年12月に日韓両政府が「完全かつ不可逆的に解決」することを確認し合意済みだ。しかし、文在寅政権となった韓国は日韓合意に基づき韓国で設立された元慰安婦のための「和解・癒やし財団」を今年、一方的に解散した。

11/11(月) 19:50
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00000567-san-kr

主権免除


主権免除とは、国際民事訴訟において、被告が国または下部の行政組織の場合、外国の裁判権から免除される、というもの。国際慣習法の一つ。国家免除、裁判権免除とも呼ばれる。
主権免除 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

最終的かつ不可逆的に解決してますが?何か

日本企業は韓国から撤退した方がいいと思う。国同士の約束がこれだもの

これでは仲良くどころか、普通のお付き合いもできません。被害者ビジネスと反日教育を止めない限りは無理ですよ!

日本政府は戦略的無視でOKです!

国際間の協定を国内情緒だけで裁判所が一方的に判断するなら正義は問えない。

韓国の裁判所って‥あってないようなものですよね。

ただの宣戦布告だな

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事