中国・重慶市幹部が死亡 汚職調査で自殺か

▼記事によると…

・中国共産党の重慶市委員会副書記だった任学鋒氏(54)が10月31日に死亡したことが4日までに明らかになった。

重慶市では習近平(シー・ジンピン)国家主席側近の陳敏爾書記、唐良智市長に次ぐ党序列3位だったとされる。汚職がらみで調査を受けていたとの見方もあり、香港紙の明報は飛び降り自殺だと報じた。

2019/11/4 20:54
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51779380U9A101C1FF8000/

中華人民共和国


中国は広大な草原、砂漠、山、湖、川、14,000 km を超える海岸線を擁する人口の多い東アジアの国です。首都の北京は、複数の建物からなる紫禁城や、天安門広場などの史跡が近代建築と融合した街です。超高層ビルが林立する上海は、国際的な金融センターです。中国北部には、有名な城壁である万里の長城が東西に長く伸びています。
人口: 13.86億 (2017年)
大統領: 習近平
中華人民共和国 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

亡命を事前に阻止されたか

中国では汚職は死刑なんだっけ?

汚職してない中国共産党幹部っているの?

重慶市って司法局長が死刑になったり、昔からやべーのが多いけど何で?

あからさますぎて草

逃げる選択肢はないのか?

死んだほうがましなんだな…

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事