中国はウイグル族の拘束停止を=日米など23カ国が要求-国連

▼記事によると…

・日本や米英独など23カ国は29日、中国新疆ウイグル自治区でイスラム教徒の少数派ウイグル族らに対する「恣意(しい)的拘束」をやめるよう中国に求める共同声明を発表した。ピアース英国連大使が国連総会第3委員会(人権)で声明を読み上げた。中国は強く反発した。一方、ピアース氏によると、決議案などの具体的措置は計画していない。

声明は「信教の自由を含め人権を尊重するために国内法や国際義務を守るよう中国政府に求める」と強調。また国連関連機関が制限なく現地に入ることを中国に認めるよう求めた。クラフト米国連大使は新疆で100万人を超えるウイグル族や他のイスラム教徒が恣意的に拘束されていると主張し、中国政府を「非難する」と述べた。

2019年10月30日09時37分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019103000364&g=int

ウイグル


ウイグルは、4世紀から13世紀にかけて中央ユーラシアで活動したテュルク系遊牧民族とその国家、及びその後裔と称する民族を指す。現在は中国の新疆ウイグル自治区やカザフスタン・ウズベキスタン・キルギスなど中央アジアに居住しており、人口は約1千万人、テュルク諸語のウイグル語を話すムスリムである 。
中国: 11,478,000
トルコ: 800
モンゴル: 300
ウズベキスタン: 54,000
ロシア: 3,700
キルギス: 51,000
ウイグル - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

もっと強く踏み込んで!

習近平を国賓として迎えるべきではない。

時事通信が出した。外務省のサイトにはまだない?

決議案など具体的措置はまだないけど、重要な一歩には違いありません。

ぶっちゃけ自国の国益から見たら助ける価値はなく自分たちの自尊心をみたすために声明だけだす。

193ヵ国も加盟しているのに声明出したのたった23ヵ国だけ?!!

経済の盾がある限り、こういう声は届かない。。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事