財務相「消費増税延期ない」 景気後退懸念に
<日本経済新聞> 2019年8月15日 11:08
全文はこちら

▼ 記事によると…

・麻生太郎財務相は15日の閣議後の記者会見で、10月に予定する消費税率の引き上げについて「長短金利の逆転を理由に消費税(の増税を)をやめたり、延期したりするつもりはない」と述べた。米国の国債市場で景気後退の前兆とされる長短金利の逆転が起き、株価が大きく下落するなど動揺が広がっている。

政府はリーマン・ショック級の事態が生じない限り、消費税率を10%に上げるとしている。

麻生太郎 プロフィール


麻生 太郎は、日本の政治家、実業家。自由民主党所属の衆議院議員、副総理、財務大臣、内閣府特命担当大臣、デフレ脱却担当、志公会会長、自民党たばこ議員連盟顧問。 内閣総理大臣、経済企画庁長官、経済財政政策担当大臣、総務大臣、外務大臣、衆議院外務委員長、自由民主党政務調査会長、自由民主党幹事長、自由民主党総裁を務めた。
生年月日:1940年9月20日 (年齢 78歳)
麻生太郎 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント
  • やったー10%だ(棒)
  • これで景気衰退したら自民党の支持率駄々下がりになると思うんだが大丈夫なのか?
  • 消費増税は既得権益構造の保護のためであって、国や国民のためではない
  • 金を使うなってよ
  • 軽減税率はメンドくさいのでやめて下さい
  • 安倍が自民最後の総理になりそう
  • 安倍でも止められないんだからすんごい圧力なのだろう。
  • レジ変更とかpayとか進めちゃったからもうやめれないよな

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認