56歳 ひきこもり衰弱死
【NHK】2019年8月7日 22時15分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190807/k10012026481000.html

 

▼記事によると…

・寒さが厳しさを増していた去年の暮れ、56歳の男性が一人、自宅で亡くなりました。死因は低栄養と低体温による衰弱死。「ひきこもり」状態が30年以上にわたって続き、両親が亡くなったあとも自宅に取り残されていました。

家族や近所の住民、行政など周囲の人たちが気にかけてきたにも関わらず、「自分でなんとかしたい」と頑なに支援を拒んでいました。それぞれの立場の人たちが男性に関わりながらも、その死を止めることが出来ませんでした。

・「病院は自分で探して行ってみたい。自分の力でやりたい」「健康を取り戻して、できるだけ早く仕事につくよう努力します。亡くなった父親にそのように言われていましたので」と言っては、支援を拒み続けていました。

・年々頑なになっていった伸一さんは、家族が何度も説得しても、決して病院にかかろうとしませんでした。

引きこもり


引きこもり(引き籠もり、ひきこもり、英語表記 hikikomori)とは、仕事や学校に行けず家に籠り、家族以外とほとんど交流がない人の状況を指す。現時点では、日本の厚生労働省はこうした状態が6か月以上続いた場合を定義としている。
引きこもり - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント
  • 他者に迷惑をかけたくない、などと考えて徹底するほど社会に居場所がなくなっていく道理。根が優しくまじめであるほど弱者に陥入る無常。
  • 将来の自分を見ているようだ…
  • 亡くなった人に自業自得なんて言葉を使わないでほしい。今の日本で衰弱死なんて。でもこれが現実。国は真剣に取り組まないと大変な事になる。
  • 自己責任社会が顕著になってきていますね。日本の生活環境の質が悪くなってきていると感じます。
  • 子供部屋おじさんの末路。悲しい現実です。
  • 労働教の毒牙に斃れたとしか言いようがないケース。「働かざる者食うべからず〈俗〉」の呪いを国民が社会の隅々まで届けまくってるんだから。労働教の廃棄にまさる福祉なし。
  • 後何年……長生きしてしまうと金銭面から先にアウト。
  • これ、この人なりの尊厳死だったのではないだろうか・・・?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認