不登校ユーチューバー・ゆたぼん「算数は電卓、漢字はググればええだけ」→ 父・幸也さん「一つの生き方、ということで見守って」

「批判は気にしてへん」”不登校YouTuberゆたぼん”は今? 父・幸也さん「一つの生き方、ということで見守って」

▼記事によると…

・不登校の道を選んだのは、いじめなどではなく、学校という存在そのものに対する疑問からだった。「宿題をやりたくないのでやらなかった。なんで学校があるんだろう、なんで先生がいるんだろう、なんで先生の言うことを聞いてやらないといけないのだろう、なんでやろって疑問がめっちゃ多かった」。

大阪に住んでいた小学3年生の頃、決められた授業や、毎日やらされる宿題、何より周りの子どもたちと同じように行動しなければならないということに疑問を持つようになったという。

「子どもは学校に行く権利はあるけど、義務はないし、大人もそう。大人も学校に行きたいって言ったら行かせる義務がある。でも、行きたくないって言ったら無理やり行かせる義務はない」と主張するゆたぼんくん。気がつけば校舎から徐々に足が遠のいていった。

7/10(水) 8:12配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190710-00010000-abema-soci

少年革命家ゆたぼん プロフィール


大阪から沖縄に引っ越してきた「うちなーYouTuber」のゆたぼん、ゆぅゆ、みーちゃん、ここさま、です!みんなで色んなことに挑戦しています(^O^)
少年革命家ゆたぼん - youtubeより

動画を見る

関連動画

▼関連画像

twitterの反応

▼ネット上のコメント

仕事量に差が出るよ。

それだと道具がないと何も出来ない人間になってしまう。君自信を高める為に学ぶことが必要なんだ。

いや〜、どんな人生を歩むのか楽しみだな☺️

子供の間は単純計算のみでいけるけど、すぐに関数の世界に突入する訳で、その時に自分の存在価値の耐えられない低さに気付くのだろう。

この子の将来が極めて危険。 どうして親は放任してるんだろう。どうして近い将来親子共々泣きを見るのを予見できないんだろう?

この子の親は三大義務のひとつの「教育を受けさせる義務」を果たしていない。つまり自己責任でトラブルになっても権利を主張することはできないってことなんだよ。ある意味ネグレストだと思う。

大人になったらわかる。その時に遅い

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認