菅直人さんのツイート

映画「新聞記者」を見ました。

原作者の望月衣塑子さん似の女性記者が内調を中心とした官邸の権力に逆らって真実を報道しようと奮闘。

官邸側は人事権を使って官僚に責任を押し付け、都合の悪いニュースをつぶそうとする。

安倍政権そのものです。

報道の自由を回復するには安倍政権の退陣しかありません。

菅直人 プロフィール


菅 直人は、日本の政治家、弁理士。立憲民主党所属の衆議院議員、国のかたち研究会設立者・会長、立憲民主党最高顧問。 厚生大臣、副総理、財務大臣、内閣府特命担当大臣、内閣総理大臣、旧民主党代表、民主党代表、民主党政策調査会長、民主党幹事長、民主党代表代行などを歴任した。
生年月日:1946年10月10日 (年齢 72歳)
菅直人 - Wikipedia

望月衣塑子 プロフィール


望月 衣塑子は、中日新聞社の社員。2018年10月現在、東京本社社会部記者。
生年月日:1975年 (年齢 44歳)
望月衣塑子 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

東日本大震災の時に報道の自由を大幅に後退させたのは誰でしたっけ?

書いたらそこは終わりだからと言ってた大臣はどこの党でしたかね

まだいらっしゃったんですね

あなたが総理の時、デモ隊が官邸に近づけないようにデモ禁止区域を広げたの忘れてませんよ。

う〜ん?この映画が上映されてるって事は報道の自由全開って事じゃ無いですかね?

そんなくっそつまらないフィクション映画よりも、望月記者にはしてもらいたい仕事があります。早く違法献金福山幹事長や生コン辻本さんのところにいっていつもみたいな面白いネタを提供してほしい。

「書いたらその社は終わりだから」菅政権での出来事だったと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事