上念司さんのツイート

ジョークにガチで噛みつくのがジャーナリズムなんでしょうか?

そんなことで政権倒せるわけないですよね。

どうぜ「読者はバカなんでこういうの喜ぶだろう」って思ってるでしょ?

この記事から東京新聞記者の選民思想と、読者を見下す差別意識が透けて見えますよ。

謝罪と賠償を求めます。

上念司 プロフィール


上念 司は、日本の経済評論家、経営者。
生年月日:1969年5月4日 (年齢 50歳)
上念司 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

スピーチには、ジョークが欠かせない。まあ、そんなにウケてなかったけど。安倍総理は、そっちの方が、つらかったかも。

外観悪くなったのはがちだと思う。事実ならその事実をねじ曲げる必要はないと思う。だって誰が見ても明らかに変だって思うでしょ?異論ある人いないよね?

本当にくだらない報道ばかり。読者を舐めてる

だが待ってほしい。そもそも天守閣とは戦時の軍事施設である。その場所に「人がバリアフリーで登れるようにしろ」とは「軍事施設を活用しろ」という軍事賛美の東京新聞の真の狙いが透けて見える。という朝日社説を考えてみました。

大阪市民ですが、実際のところ大阪城の外付けエレベーターには違和感があります。素晴らしい城なのに台無しにしています。バリアフリーは大事ですが、何とかならんかといつも思います。

もはや一般人が購読することがないので、コアな読者向けに先鋭化する一方ですね。

まだやってたんだ。随分と執念深いこと。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事