【夫婦別姓】立憲・蓮舫議員「苗字が婚姻で強制的に変わる。自分がいなくなるかのような意識…」

蓮舫議員のツイート

それまで「自分」だった苗字が婚姻で強制的に変わる。

子どもが生まれると「まま」「〇〇くんのお母さん」と呼ばれる。

自分がいなくなるかのような意識、この人は感じようともしたことがないんだろうな。

経済の視点でしか女性の意識を捉えない人が総理なんだと思う。

蓮舫 プロフィール


蓮舫は、日本の政治家。立憲民主党所属の参議院議員。立憲民主党副代表兼参議院幹事長。 菅内閣で内閣府特命担当大臣、内閣総理大臣補佐官、野田内閣で内閣府特命担当大臣、公務員制度改革担当大臣を務めたほか、民主党幹事長代行、参議院東日本大震災復興特別委員長、民主党代表代行、民進党代表代行、民進党代表を歴任した。
生年月日: 1967年11月28日 (年齢 51歳)
蓮舫 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

別に強制でもないし

私は夫婦別性には反対です。親子や夫婦の名字が違っていたら周りの人も変に感じるし、家族の一体感も失われます。

『それは子供がいない安倍夫妻への差別では?』という普段自分たちが口にしているであろう侮辱には一切気がつかないんですね。

安倍氏の世間とズレた感覚は百も承知だが、蓮舫氏も似たようなモンだわ…

安倍氏は、人の気持ちなど、想像したこともない人ですからね。閣僚や官僚には忖度させますが。

どちらの例も男性にも当てはまります。そもそも名字が変わることは、女性だけの問題ではないと思います。

夫婦別姓はメリットデメリット双方あるので難しいですね。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認