「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言

▼記事によると…

・自民党の谷川弥一衆院議員(77)=長崎3区=が18日、長崎県諫早市で建設中の九州新幹線長崎ルートを視察した際のあいさつで「難しい問題は佐賀の説得。

佐賀の知事には『台湾のような付き合いをしてほしい。韓国か北朝鮮を相手にしているような気分だ』と言った」と発言した。

谷川氏は「不適切だった」として撤回

・新幹線の財源負担をめぐる両県の対立がさらに激化しそうだ。

2019年5月19日 18時45分
https://mainichi.jp/articles/20190519/k00/00m/010/105000c

谷川弥一 プロフィール


谷川 弥一は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員。文部科学副大臣、長崎県議会議員を務めた。
生年月日:1941年8月12日 (年齢 77歳)
谷川弥一 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

元々、今の政治屋なんて低脳なんだから、マニュアルを配ったところで、使いこなせるハズ無いんだよ。配るだけ無駄だったわね。

最悪、長崎がキライになりそうやわ

やめたらこの仕事?

博多→佐賀 新幹線はいらないんじゃね?黒字は期待できないし。ただ、オラが土地にも新幹線❗️的な事を言ってる人も多いかな。

安倍ちゃん、この爺さん自民党発行の「最新版失言防止マニュアル」読んでないぞ❕

マニュアル配っても無駄だって云うことで。。。

ここまでくるとさすがに佐賀がかわいそう笑

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認