日本の小学校でクルド人女児がいじめに… 教頭や校長が言い放った言葉「いじめられるのは『心が弱いから』」

トイレ監禁に袋叩き、外国人女児の壮絶いじめに教頭・校長が言い放った言葉

▼記事によると…

・中学生になったばかりのクルド人の少女・シェリルさんが小学校でひどいいじめにあっていた。

・シェリルさんによると、教頭は「いじめられるのは『心が弱いから』」と言ったという

・「中立の立場」だと話す校長からは「どうしたいの?」と言われ本当に悲しかったと語った。

2019年5月2日 17時0分
http://news.livedoor.com/article/detail/16403574/

クルド人


クルド人は、中東のクルディスタンに住むイラン系山岳民族。

twitterの反応

▼ネット上のコメント

一般社会なら暴行・傷害という立派な犯罪が、学校という閉鎖空間では不問に付され、教師という「王様」が処罰を決めるという異常な現実をそろそろ終わりにしませんか?

怒りのあまり電車を乗り過ごしてしまった。これは暴力。紛れもない集団暴行。これを叱れない教師や親に何が教えられるというのか。

この記事を読めば学校と加害者が人として終わっているク◯っぷりがよく解る。報道され今更詭弁を語ったところで信頼など回復しないしうしろ指を指され続けるだけだ。

週刊女性、いい仕事してるね。立場の弱い者に集団で襲いかかる子供。最も見たくない現実だ。福島の放射能から逃れて家族とともに苦労している子供に対しても同じ仕打ちがされる。立場の弱い者、苦労している者。みんながそっと支えていかなくちゃ。こんな学校、失格だ。

イジメに平成も令和も関係ない。周囲の大人の鈍感力も変わらない。メディアは関心を持ってしっかりと報道し、追求してほしい。

とにかくみんな酷すぎる。いじめられるのは“心が弱いから”なんて教育者の言う言葉ではない。誰か1人でもこの子やその家族の見方を学校内でしてくれなかったの?

いい加減、学校内で起きた「暴行事件」を「いじめ」って表現するのやめてほしい。これ、暴行事件だから。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認