韓国次官、安保理討論会で発言「慰安婦問題、歴史的教訓に」

「慰安婦問題、歴史的教訓に」=韓国次官、安保理討論会で言及

▼記事によると…

・韓国外務省の李泰鎬第2次官は23日、米ニューヨークで行われた国連安保理の討論会に出席し、旧日本軍の慰安婦問題に言及、「このような紛争下の性暴力の痛ましい経験をした国として、韓国政府は慰安婦被害者の名誉と尊厳を回復し、この問題を歴史的教訓とする努力を続けていく」と述べた。

韓国外務省が24日、発言内容を公表した。

2019年04月24日10時39分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019042400427&g=int

慰安婦


慰安婦とは、戦地の軍人を相手に売春する施設である慰安所でそれを行った女性であり、1980年代までは主に米軍・国連軍慰安婦の慰安所設置によって生じた用語である。現代では、それを批判する人々の視点から「かつて主に戦地で将兵の性の相手をさせられた女性」との語義で用いられる用語である。
慰安婦 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・最終的かつ不可逆的に解決しました

・予算委員会でモリカケを叫ぶみたいなもん

・裏を読みすれば韓国はこの問題を永遠に解決させるつもりはないということ。つまり日韓関係は悪いままでいいということ

・安保理でやることじゃねーだろ

・痛ましい経験を自称するならベトナムに謝罪と賠償を率先して行いなさいよ

・日本政府は抗議かなんかしたの???

・申し訳ないけど慰安婦問題って韓国の問題だと思う

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認