「セブンイレブン本部は血も涙もない会社だ」店舗乱立で売上激減、息子が自殺、オーナー失踪…妻が記者会見で訴える

「セブン-イレブン本部は血も涙もない」店舗乱立で閉店に追い込まれ失踪したコンビニ店オーナー妻が記者会見で訴え

▼記事によると…

・今年3月31日で閉店した「セブン–イレブン東日本橋1丁目店」(東京都中央区)のオーナー齋藤敏雄さん(60)が、本部から2月末に閉店の通知を受けた後に失踪していたことがわかった

・オーナーの妻・政代さん(52)は4月15日、都内で記者会見を開き、「家族で必死で働いてきた中、セブン-イレブンは次々に店舗を作り私たちを苦しめた。血も涙もない会社だ」と訴えた

・同店は2010年2月にオープン。ピーク時には1日で120万円を売り上げることもあった。2013年には本部から家を買ったらどうかと勧められ、ローンを組んで自宅を購入したという

・しかし2014年、向かいにあったローソンが撤退後、跡地にセブン-イレブンの別店舗が開店。政代さんたちが別店舗の話を聞いたのは開店の約2ヶ月前で、別店舗がオープンしてから売り上げが激減

・政代さんは、「貯金していた1000万円も3年くらいで全部なくなった。私は従業員の人件費を払うため、ドラッグストアで働きに出てその収入をアルバイトの給与に回していた」と話す

・家族の生活もどんどん苦しくなり、食事は賞味期限が切れ販売できなくなった廃棄食品。生活用品もすべてセブン-イレブンのものだったという

・近隣店舗とアルバイトの奪い合いとなり、人手不足に苦しむ両親のために、2人の息子たちも学業の傍ら家業を手伝った

・大学に行く資金がないため、進学を諦め店で働いていた長男の栄治さん(当時19)は2014年9月、夜勤後に自ら命を絶った

・2019年2月28日、突然の閉店の通知を本部から受けた。その翌日、オーナーの敏雄さんは失踪。約1ヶ月後の3月26日夜に北海道旭川市内で警察に保護された

・敏雄さんは「寒いところに行けば、持病の心筋梗塞で死ねるかもしれないと思い向かった」と話しているという

2019年04月15日 18:04
https://blogos.com/article/371145/

セブン-イレブン


セブン-イレブン は、アメリカのコンビニエンスストア。テキサス州オーククリフで、1927年にオープンした氷販売店がはじまり。
セブン-イレブン - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・ウチも近くに同チェーンが2軒できたので売り上げは30%近く下がりました。人件費の高騰もかなりしんどいです。

・コメント欄見て絶句した。10代の若い子が自殺して、親父も錯乱してるのに自己責任とかさ。別に金出せとか言ってるわけじゃないけど同情もしない冷たい人が多いな…

・社会問題になればいい。

・読んでいて辛い、、、、

・フランチャイズ商法や契約を何らかの形で規制して、オーナーを守る法律を作ることが必要だろう。

・それでも自己責任だ!って言う輩が多いのには呆れてしまいます。

・セブン本部の悪行は昔から耳にしてたけど、やっぱ胸糞悪いな〜...

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします

twitterで速報配信中

アンケート投票 & 結果確認