原田前環境相、処理水放出「国益のため。撤回しない」

▼記事によると…

・原田義昭前環境相は19日、産経新聞の取材に応じ、東京電力福島第1原発で増え続ける汚染水浄化後の処理水は「(海洋に)放出して希釈する他に選択肢はない」と退任直前に述べたことについて「国益のために発言した。撤回するわけにいかない」と明言した。

2019.9.19 21:29
https://www.sankei.com/politics/news/190919/plt1909190028-n1.html

原田義昭 プロフィール


原田 義昭は、日本の政治家、弁護士。自由民主党所属の衆議院議員、原田国際法律事務所代表者。 八幡製鐵株式會社での勤務を経て、中小企業庁参事官、通商産業省大臣秘書官、衆議院外務委員長、衆議院財務金融委員長、衆議院衆議院消費者問題に関する特別委員長、環境大臣、内閣府特命担当大臣などを歴任した。
生年月日:1944年10月1日 (年齢 74歳)
原田義昭 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

環境相就任期間中に言うならわかる。小泉進次郎の人気にあやかって、漁夫の利を狙う様では単なる小賢しい政治家。

筋の通った方。また環境相をお願いしたいです。

当然の事を言った。綺麗事だけで🤕何も進まない

小泉進次郎環境相のようなキレイごとでは誰も救えないですよ。

間違った世論に負けない。漢。

その通り

マスコミが未だに「汚染水」と表現する中、もしも在任中に発言したらまた野党の飯の種になることは明白。まずは「処理水」を国民に理解させてからじゃないと、この話は進まないね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認