日本の消費増税「自傷行為」=米紙社説

▼記事によると…

・5日付の米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは社説で、日本で10月に実施される消費税増税が経済をさらに悪化させる「自傷行為」になるとの見方を示した。

・日本の直近の経済指標が低調な上、米中貿易摩擦などで世界的に成長が鈍化し、逆風になっているとするとともに、8年目に突入するアベノミクスは「完全には実現しておらず、投資や生産性への重しになっている」と指摘した。

2019年04月06日07時22分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019040600237

消費税


消費税は、消費に対して課される租税。1953年にフランス大蔵省の官僚モーリス・ローレが考案した間接税の一種であり、財貨・サービスの取引により生ずる付加価値に着目して課税する仕組みである。 消費した本人へ直接的に課税する直接消費税と、消費行為を行った者が担税者であるものの納税義務者ではない間接消費税に分類できる。
消費税 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・うん、みんな損するのに何で増税するのかわけがわかりません。

・個人的に増税は反対です。

・消費税ではなく、預貯金課税に切り替えるべき。1%で消費税5%と同等の効果あり

・なぜ日本国内に住んでいると真実が見えないのか?なぜ目が曇ってしまうのか?

・確実をとるからやで。確実に徴税できるから。

・庶民は損するけど、お金持ちは助かるよ。

・日本経済をダメにしたい極悪人がいるとしか思えない

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事