【北方領土】ロシア外務省が批判「日本の教科書ばかげている」

「日本の教科書ばかげている」 ロシア外務省が批判

▼記事によると…

・ロシア外務省の報道官は、北方領土を「日本固有の領土」と記した日本の小学校の教科書について、「馬鹿げている」などと激しく批判しました。

ロシア外務省・ザハロワ報道官:「新しい日本の小学校の教科書では、南クリル諸島(北方領土)は日本固有の領土という馬鹿げた主張をしている。日本の子どもは誰が原爆を落としたか知らないので、むしろ広島と長崎についての分量を増やすべきだ」

2019/04/05 17:00
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000151555.html

北方領土問題


北方領土問題は、北海道根室半島の沖合にあり、現在ロシア連邦が実効支配している択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島の島々、すなわち北方領土に対して、日本が返還を求めている領土問題である。
北方領土問題 - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・言われると気にはなるようで。

・馬鹿げているのはロシア! 日ソ不可侵条約を破ってドサクサに紛れて参戦し最低でも北海道までは占領したい! と在ったが連合国マッカーサー司令官に拒否されて現在に至る。詳しくは資料で~~。

・ロシアいい国と思ってたのになぁ

・えっ(-。-;どゆこと…❓

・そちらの報道が、馬鹿げている🙎

・敵国は敵国として一定以上の距離が必要。

・ちょっと待って!100歩譲って北方領土は議論があるとしても、広島と長崎とか誰が落としたとかはここでは関係ない話でしょ。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認