小中学校でも飛び級や留年を 経済同友会が提言

▼記事によると…

・経済同友会は現在の教育制度では技術革新や変化する社会で生き抜く力が身につかないとして、小中学校に飛び級や留年の制度を設けることなどを提言しました。

・提言では、学習の内容が身についていなくても進級できる今の年齢主義からの転換を求めるとしています。

・経済同友会は、この提言を文部科学省や経済産業省などに提出することにしています。

2019年4月3日 19時9分
http://news.livedoor.com/article/detail/16262114/

経済同友会


公益社団法人経済同友会は、日本の企業経営者の団体。日本経済団体連合会、日本商工会議所と並ぶ「経済三団体」の一つである。
設立:1946年4月30日
経済同友会 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・現行制度でも、医学部等特殊な精度を除いて、4分の1は何かしらの理由で卒業を延ばしているのですけどね。さて、留年した人を企業は採用するのでしょうか。

・こういうことを言い出す人って、そのシステムに根源的な問題点があって大惨事となっても知らん顔して雲隠れするんだよね。無惨な結果に終わった「ゆとり教育」を強力に推していた人達が誰なのか、いまどこで何してるのか、誰も知らないでしょ。

・面白い。小、中学校はみんな横一列という「当たり前」感があるけど、このような制度を設けたら有能な人がたくさん輩出されていきそう。

・やめとけ〜更に引き込もりを増やすぞ〜😅

・教育ママが子供を縛り付ける未来が見えてくるから嫌かな…

・そんな事よりも、塾産業の規制、そして大学などの高等教育機関の抜本的改革が必要だろう。

・生涯小学生!^^

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認