立民・辻元氏、憲法審幹事懇「やったらえらいことに」

▼記事によると…

・談会について、3月28日に続いて開催を見送った。森英介会長(自民党)が職権で開催を決めていたが、立憲民主党など主要野党に出席を拒否されたため、自民、公明両党と日本維新の会など一部野党による非公式協議に切り替えた。

・辻元清美国対委員長は山花氏に「もし(幹事懇談会を)やったらえらいことになると(新藤氏に)言うとき」と話したという。

非公式協議の出席者からは「野党国対委員長による与党への恫喝(どうかつ)のように感じる」などの意見が出た。

2019.4.3 18:23
https://www.sankei.com/politics/news/190403/plt1904030019-n1.html

辻元清美 プロフィール


辻元 清美は、日本の政治家。立憲民主党所属の衆議院議員、立憲民主党国会対策委員長、立憲民主党大阪府総支部連合会代表、児童擁護議員連盟会長。立憲フォーラム幹事長。NPO議員連盟幹事長。
生年月日:1960年4月28日 (年齢 58歳)
辻元清美 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・議論にも乗らないって、議員としてどうしたものか。

・辻元が議員であることが「えらいこと」

・もしやったら(自分自身が)大変な事になる。

・改憲となれば、どのように変えるかは、様々な観点から多様な意見が出てくる。ところが護憲派となると、「決まりごとだから変えたくない」で思考停止。変えたくないなら変えたくないで、本質を守れるように議論を戦わすべき。

・支持者も支持者ならそれらに支援されてる議員もあれやねぇ。恫喝、脅し、何でもありやね。えらいことになってんのはこの人の支持層やで

・また拒否か‼️

・議論を拒否して十分な議論が出来ていないとか言って反対するんだろうなぁ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事