立川談四楼さんのツイート

「山口敬之氏、伊藤詩織氏を反訴」に目が点となった。

「彼女は性被害ビジネスに私を利用した」として1億3000万円の損害賠償を請求したのだ。

反省の日々を送っているものと思ったらこれだ。

看過できないのは「性被害ビジネス」で、どこまで腐ったらこんな言葉が吐けるのか。

盗人猛々しいにも程がある。

立川談四楼 プロフィール


立川 談四楼は、群馬県邑楽郡邑楽町生まれの落語家、作家。本名、高田正一。出囃子は『喜撰』。
生年月日:1951年6月30日 (年齢 67歳)
立川談四楼 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・たぶん、最高裁の裁判官が全員安倍さんのお抱えになって、護ってもらえるとお墨付きを頂いたのではないでしょうか。

・山口氏の言う立場が正しいのであれば名誉棄損罪で訴えるはずですが、潔白じゃないと不利ということで、損害賠償で訴えたと思いますが、裁判ではかなり弱いと思われます。

・安倍応援団のジャーナリストですね。

・山口がこのような卑劣で下劣な手段に出れたのは、昨今のレ◯パーを擁護する日本の腐りきった司法界のあり方が山口の背中を押したのでしょう。

・自ら捕まりに出てきたのでは?😎

・これ本当に唖然

・でも不起訴になってるからね〜。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事