籠池泰典、一文なしで自己破産へ「落ちてる夏みかん拾って…」

▼記事によると…

・6日の初公判を迎えた籠池泰典被告(66)、法廷での意見陳述。検察側を激しく批判するたびに、座っていた証人席から顔を上げ、検事たちを睨む。戦う意思に揺らぎはないようだ。

・定期収入を失った夫妻はどのように暮らしているのだろうか。諄子被告に尋ねると、
「意外になんとかやっていけてるんですよ。財布にあと1000円しかないと思っていたら、テレビ局から出演の謝礼が振り込まれたり。もっとも、スーパーでは半額セールのものばかり狙うようになりましたね。お父さんは犬の散歩のとき、道に落ちている夏みかんを拾ってくるので、貴重なビタミン源(笑)。私はいまがいちばん幸せなんですよ」

・「瑞穂の國記念小學院」を建てた藤原工業からは、2017年11月に1億円の支払いを求める損害賠償請求を提訴され、現在も訴訟は継続中。2019年1月には、りそな銀行に5000万円の「連帯債務保証履行」を求める裁判も起こされた。まさに一文なし状態だ。泰典被告が語る。

「家内はともかく、私のほうは『いずれ自己破産をしなくてはならないな』と腹を括っています。でも、お国のためにやらなくてはならないことが残っている。

・この男、やはり目が離せない。

2019.03.15
https://smart-flash.jp/sociopolitics/64734

籠池泰典 プロフィール


籠池 泰典は、社会福祉法人肇國舎代表、高等森友学園保育園園長。学校法人森友学園の元理事長。学校法人籠池学園の理事長。
生年月日: 1953年2月7日 (年齢 65歳)
籠池泰典 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・籠池内閣の特定野党の皆さん助けてあげては??

・某議員達と面会後に一緒にインタビューを受けた籠池さんを見て終わったなと思ったけれど、正直ここまで落ちるとは思わなかったわ。人生何があるかわからないわね。

・そろそろ辺野古デビューしそうだな

・拘置所に居たときは差し入れの饅頭の食べ過ぎで痛風になって車イスに乗ってたのにね。支援者な人は困ってるときには助けてくれないのね(´・ω・`)

・ご子息の幸せを願う!

・左巻きに利用されるとこうなる、というお手本。

・ゴーンに差し入れしてる場合じゃ無い

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認