大学教授「辺野古県民投票結果を無視発言は沖縄人差別で暴力。日本人は植民地主義と訣別を!」

防衛相発言、沖縄人への死亡宣告と同じ 悪質な無意識的な暴力で差別 〈識者評論〉広島修道大・野村浩也教授

▼記事によると…

・岩屋毅防衛大臣のことだ。

大臣の発言は、もはや、暴力だ。沖縄人が傷つくのも当然だ。傷つくのは、人間として極めて正常な反応だ。暴力に傷つかない人間はいないからだ。

岩屋大臣は、県民投票の結果をあらかじめ無視すると決めていた。沖縄人の民主主義に対して、「おまえはもう死んでいる」とあらかじめ死亡宣告していたのだ。

・あまりにも当然すぎるのは、無意識的に沖縄人の国民としての存在を認めていないからだ。あるいは、沖縄人を国民として認めないことがあまりにも当然すぎて意識することもないといってもよいだろう。

国民としての存在を認めないこと。これを差別という。

・70%もの在日米軍基地を押しつけている事実を意識せず、基地の引き取りすら主張しない日本人が圧倒的多数であることが何よりの証拠だ。この日本人の無意識を意識へと転換させるために、県民投票は実施されたのだといっても過言ではない。

日本人よ、基地を引き取って植民地主義と訣別しよう!

2019年3月8日 06:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-885647.html

野村浩也 プロフィール


のむら・こうや 1964年沖縄生まれ。上智大大学院を経て2003年より現職。専門は社会学。著書に「無意識の植民地主義―日本人の米軍基地と沖縄人」(御茶の水書房、6月に松籟社より再刊予定)など。
野村浩也 ー記事下プロフィールより

岩屋毅 プロフィール


岩屋 毅は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、防衛大臣。 外務副大臣、防衛庁長官政務官、大分県議会議員等を務めた。
生年月日:1957年8月24日 (年齢 61歳)
岩屋毅 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・ほんと自分に都合のいい結果以外は見ないのな

・そういえばなんか意味ねえことやってたなwwwww

・ああ、あの無駄にカネをかけたアンケートね

・沖縄だけで是非を問うのは差別!全国でやるべきだ

・全部感情論

・無視発言とあるが、具体的には何て言ったの?

・とうとう植民地まで言いだしたか

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認