検察庁法改正案 森法相「批判にはあたらない」 衆院本会議

▼記事によると…

・立憲民主党などの会派の金子恵美氏は、検察庁法の改正案について批判。

「国民が最も懸念している定年延長や役職定年制の例外として留任を認める『役降り特例』の基準がなければ『政府に白紙委任せよ』と言っているのと同じだ」

森法務大臣
「特例の判断は、他の国家公務員と同様に検察官についても任命権者が行うとするにすぎず、改正案は、検察官の独立性を害するものではなく、三権分立に反するものでもない」

「検察官の勤務延長や『役降り特例』が認められる要件についても、国家公務員法改正案と比べても緩められていない。要件を、より具体的に定める事由なども、新たな人事院規則の規定に準じて定めるので、白紙委任との批判はあたらない」

2020年5月14日 16時13分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200514/k10012429901000.html

森まさこ プロフィール


森 まさこは、日本の政治家、弁護士、法務大臣、参議院議員。本名は、三好 雅子。 金融庁総務企画局課長補佐、金融庁検査局金融証券検査官、参議院行政監視委員長、内閣府特命担当大臣、特定秘密保護関連担当大臣などを歴任した。
生年月日:1964年8月22日 (年齢 55歳)
森まさこ - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

批判に当たることばかりの説明だったのでは?

さくさく法案通してね✨

将来に渡って批判には当たらないような条文にしていただけたら皆安心出来ると思いますよ。

強行採決なら、野党にとっては渡りに船。

「国民の誤解や疑念に対し真摯(しんし)に説明したい」と強調していたのだが。

私も反対ではないです。そもそも、興味がありません。

今そんな事どうでもええねん!コロナ対応が先やろ!

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事