「養育費不払いなら名前公表」 全国初の制度検討 兵庫 明石

▼記事によると…

・兵庫県明石市は、離婚後に子どもの養育費が受け取れず生活が困窮することを防ぐため、養育費を支払わない人の名前を公表できるようにする、全国で初めての制度の導入を検討。

・明石市によりますと、名前の公表を検討しているのは裁判などで養育費の金額が確定しているケースで、まず市が、離婚した相手に支払いをするよう「勧告」を出します。

「勧告」に応じなければ「命令」を出し、それでも支払わない場合は市のホームページなどで相手の名前を公表。

また、相手側に弁明する機会を設け、病気で働けないなどやむを得ない事情がある場合は公表しない。

・兵庫県明石市の泉房穂市長は、報道各社の取材に応じ、「やみくもに氏名を公表したいわけでなく、夫婦間で約束した養育費をきちんと支払ってもらうための仕組みとして考えている」と述べた。

・家族法に詳しい早稲田大学法学学術院の棚村政行教授は、「日本では養育費を支払っている人が全体のおよそ4分の1と、養育費を払えるのに払わないという人が多く、先進国の中では割合が低い。こうした状況の中で、明石市が氏名公表の措置を打ち出したのは画期的で評価できる」と述べた。

一方で氏名を公表したことで、社会的なレッテルを貼られてしまい、結果的に養育費の支払いが途切れてしまう可能性もあると指摘し、「強制力やペナルティーが1人歩きしてはいけない。よほど悪質でないかぎり、心理的に支払いを促す程度に運用されるのが望ましい」と述べた。

2019年9月18日 14時20分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190918/k10012087311000.html

養育費


養育費は基本的に、子供が成人して大人として自立できるという年齢までに必要な費用などを、子供を養育しない他方の親が支払うものである。養育費は子供の権利なので親の間で「養育費を請求しない」という約束を公正証書等なしでしても、子どもが養育費を求める権利は失われない。ただし、片方の親の連れ子等、何らかの理由で親子関係が否定される場合は養育費を請求できない。
養育費 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

全国的になれば良いね

養育費を、支払わない人と支払えない人は違うよね。

これくらいやっても良いと思います。子供作っておいて逃げ回って養育費払わない男が多すぎますからね。

僕のまわりでも払わない人多いって聞く。

こういうの、なんで給料差し押さえできないんだろ。税金なら差し押さえできるのに。

養育費を払うのは、父親だけでは無い。

離婚が難しくなる副作用が出そうだなあ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認