政界引退したアントニオ猪木76歳が安倍首相の対北朝鮮外交を批判する理由 訪朝回数は33回! 長年の“独自外交”で培った成果とは?

▼記事によると…

・「日本にこそ、アメリカ、北朝鮮、韓国を仲介する役割を果たしてほしかった。今、日本の外交力は非常に弱体化している。もし安倍首相の周囲にしたたかな参謀が何人かいれば、日本も米朝の電撃会談に何らかの関与ができたはずだ。安倍首相が側近に気の合うかわいい奴ばかり寄せ集めた結果、国家のためと言いながら、実際には自分たちの権力を維持するための政治しかできなくなっているんだろうね」

猪木氏は北朝鮮の幹部たちと接触を繰り返してきたが、日本政府はその独自外交を無視し続けているという。

・「昨年6月、安倍首相が拉致被害者家族会と面会したとき“私は(北朝鮮に)騙されません”と発言したのには驚いたね。もし友好的に話を進めたいのであれば、相応の言葉を選ぶべきだ。大学も出て、それなりの教育も受けているはずなのに、どうしてあの程度の言葉遣いしかできないんだろうね。私は学校も行っていないバカだけど、それでもあれがおかしいことくらいはわかる。

それなのに今は“無条件で対話する”と言う。発言にブレがあるよ。アメリカから言われたんだろうね。まあ、それでも対話するならいいよ。私は前向きだから(笑)」

2019/09/18
https://bunshun.jp/articles/-/14143

アントニオ猪木 プロフィール


アントニオ猪木は、日本の元プロレスラー、実業家、政治家。本名:猪木 寛至。神奈川県横浜市鶴見区出身。血液型AB型。新日本プロレス設立後のキャッチフレーズは「燃える闘魂」。日本プロレス所属時代のキャッチフレーズは「若獅子」。愛称は「アントン」。複数の結婚歴と離婚歴があり、元妻の一人には女優の倍賞美津子がいる。
生年月日:1943年2月20日 (年齢 76歳)
アントニオ猪木 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

まぁ北の代理人はそう言うわな

猪木は内政干渉やめろ

つまり自分くらい魂売らなきゃって言ってるのね

猪木さんって何度も北朝鮮に行ってるけど拉致問題の話してくれてんのかね?あんまりそういう話は聞かないけどさ

現金があれば何でもできる

猪木の言うとおり安倍外交は何も産み出していない

猪木は政治家になんかならないで欲しかった。幼き日に見たヒーローのままでいて欲しかった

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認